Press "Enter" to skip to content

タグ: 持ち物

自分主体の持ち物選び

ミニマリストを目指すようになり、持ち物の選び方が主体的になってきました。 それ、本当に欲しくて買うの? 自分にとって必要ならば買う モノを捨てて、自分に必要なモノが分かってきた それ、本当に欲しくて買うの? モノを買う時に、それは「自分が」「欲しい」から買うのかを考えるようになりました。 もともと流行はそれほど気にするタイプではありませんでした。それでも広告につられたり、インターネットで話題になり欲しくなったモノや、「これを持っていて当たり前」という感覚で持っていたモノはあります。 例えば、ウォークマンを持っているのに、「音楽の管理はiTunesでするといいよ」という記事を見かけた勢いでiPodを買ったり(すでに1,000曲以上ある楽曲をiTunesに移行も出来ず、結局ウォークマンを継続して使用)していました。 自分にとって必要でなかったiPodは、引き出しに眠ったままでした。今思えばかな…

これ以上文具は必要ない

私は文具、特に筆記用具とメモ帳(小さなノート)が好きで、以前はすぐに買っていました。 かなりの量を捨てましたが、今もまだ必要以上に持っています。 手書きはあまりしないのに 気分転換に新調する 使い切る 手書きはあまりしないのに 筆記用具をたくさん買っても、手書きをする機会は多くありません。 小説を書く趣味がありますが、執筆自体はパソコンで行います。メモは手書きをするものの、それほどたくさん書く訳ではありません。 しかし、「ちょっとメモを取りたいな」と思った時に、筆記用具とメモ帳を新調する癖がありました。その癖のために、筆記用具とメモ帳が増えてしまいました。 気分転換に新調する なぜ買う癖があったのか。 それは、「新しい気分でメモを取りたい」という気持ちに取り付かれていたからです。 新たな内容のメモを取る時に、使いかけの道具を出してきたのでは気分が乗らない。 古いものを使っては、新たな発想は…