Press "Enter" to skip to content

青柳碧人「浜村渚の計算ノート 9さつめ 恋人達の必勝法」講談社文庫

大好きなシリーズの9さつめ。(通算11巻目)

浜村渚の計算ノート 9さつめ 恋人たちの必勝法 (講談社文庫)

浜村渚の計算ノート 9さつめ 恋人たちの必勝法 (講談社文庫)

浜村渚の計算ノート (講談社文庫)

浜村渚の計算ノート (講談社文庫)

数学をはじめとする理系科目が排斥された中で、数学が得意な中学生の浜村渚が、警察に協力して数学テロ集団「黒い三角定規」に立ち向かうお話です。

以下ネタバレあり

log.10 1を並べよ

シリーズ中に洗脳系の話は幾つかありましたが、最近では久しぶりな気がします。
計算をする中で、「1」が並んだ数字がいろいろと出てくるのが楽しかったです。
このシリーズに一般的なミステリのお約束を当てはめるのも無粋でしょうが、殺人の箇所における犯人の犯行手順、ちょっと都合が良くないか?と思いました。

log.100 私と彼の不等式

不等式は大雑把なんだなと言うところが面白かったです。
渚ちゃんのちょっとした解説で、数学の面白さに気づかされます。
シリーズではおなじみの、数学の性質を利用して数学好きの犯人の心を動かす渚ちゃんの話術が良かったです。
さらには不等式を使った告白まで!

log.1000 新宿恐竜大戦争

順列組み合わせがテーマ。数え上げなくても計算で何パターンあるかが分かるのが面白いのですが、私には苦手な分野です。
オチにクスッとしました。

log10000 恋人達の赤と黒

キューティーオイラーが登場する話です。
確率は、直感に反する内容もあり、数学の分野として理解するのは難しいと感じていますが、こんなお話になると親しみやすくていいですね。
恋人を取り合う二人と、二股をかけた優柔不断な男。
その影でちゃっかりルーレットで勝っている渚ちゃんが良かったです。

エピローグ

次巻はいよいよあの人が登場か? 楽しみです!!

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。