Press "Enter" to skip to content

ミニマリズムを意識して3ヶ月で変わったことと気づき

ミニマリズムを意識してモノを減らし初めて3ヶ月、変わったことがあります。

すぐに片付けるようになった

モノが多かった頃の私は、片付けを面倒がる人間でした。

以前も記事に書きました。

www.sakihaya.xyz

使ったモノは「とりあえず」机の上に置いておく。洗濯の終わった服は「しまうまでの間」押し入れの上段に置いておく。読み終わった本は「後でまとめて片付ける」ので本棚の上に積み重ねておく。

こんな調子で、モノを出しっぱなしにしがちでした。
それが、モノを減らし始めてから、すぐに片付けるようになりました。

モノが多いと片付けるのは面倒

モノが多いときには、モノが邪魔をして片付けの手間が多かったです。そのために片付けることが面倒になっていました。

モノが減ってから、片付けは楽になりました。片付けが楽になったので、片付ける頻度も上がりました。
夜、寝る前にリセットするように片付けていたのが、使い終わるたびに片付けるようになりました。

片付いた部屋の気持ちよさが分かった

片付けをマメにするようになり、片付いた部屋の気持ちよさが分かるようになりました。

いつも片付いた気持ちの良い部屋で過ごしたい。
こんな気持ちになったお陰で、片付けが「しなければいけない面倒なこと」ではなく、「気持ちの良い部屋を保つためにしたいこと」に変わりました。

モノを減らせば行動も気持ちも変わる。
これが私がミニマリズムから得た気づきです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。