Press "Enter" to skip to content

短編小説「文庫本」を投稿しました

note「文庫本

不意に学校へ行けなくなってしまった千颯(ちはや)。大叔父の部屋で見つけた文庫本を巡るちょっと不思議なお話。
投げ銭設定で、全文無料でお読みいただけます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。