Press "Enter" to skip to content

月: 2019年9月

電子書籍に切り替え中

以前は紙の本でないと読んだ気がせず、他巻ものの漫画など、保管場所に困る作品だけに限って電子書籍を利用していました。 現在は、お気に入りの一部を除いてほぼ全ての漫画と、ラノベなどを電子書籍に切り替えています。 電子書籍になれて、読み心地に違和感を感じにくくなったこと、モノ(紙書籍)の保管の手間を減らしたいことが理由です。 ただ、電子書籍はアカウントが自分が死ぬまで保てるか、急にサービス停止になったりしないかと言った不安もあります。 また、持っている本が探しにくくも感じています。 未来に振り返ってみれば、まだまだ発展途上なのかも知れませんね。

ミニマリズムを意識して3ヶ月で変わったことと気づき

ミニマリズムを意識してモノを減らし初めて3ヶ月、変わったことがあります。 すぐに片付けるようになった モノが多いと片付けるのは面倒 片付いた部屋の気持ちよさが分かった すぐに片付けるようになった モノが多かった頃の私は、片付けを面倒がる人間でした。 以前も記事に書きました。 www.sakihaya.xyz 使ったモノは「とりあえず」机の上に置いておく。洗濯の終わった服は「しまうまでの間」押し入れの上段に置いておく。読み終わった本は「後でまとめて片付ける」ので本棚の上に積み重ねておく。 こんな調子で、モノを出しっぱなしにしがちでした。 それが、モノを減らし始めてから、すぐに片付けるようになりました。 モノが多いと片付けるのは面倒 モノが多いときには、モノが邪魔をして片付けの手間が多かったです。そのために片付けることが面倒になっていました。 モノが減ってから、片付けは楽になりました。片付けが…

一気に捨てるかコツコツ捨てるか

ミニマリストになろうとするときにはモノを捨てる(売る・譲るなども含む)ことになります。 一気に捨てる場合も、コツコツ捨てる場合もあります。 私はコツコツタイプです 一気に捨てたこともありますが 一気に捨てるべきか、コツコツ捨てるべきかはその人による 私はコツコツタイプです 家族と同居、かつ家族には私がミニマリストになろうとしていることを伝えていなかったため、一気に捨てるのが難しかったという事情もあります。 一気に捨てようとすれば、家族が干渉してトラブルになったと思います。捨てることを止められたり、精神的なトラブルを疑われたりして、捨てることが困難になると予想しました。なので毎日少しずつ捨てることを選びました。 毎日少しずつ、日常のゴミが少し増えたかな? 程度にとどめているので、見た目の変化は少ないです。 ですが、「一週間前より引き出しが使いやすい」「一ヶ月前より引き出しの外や机に上に出てい…

青柳碧人「浜村渚の計算ノート 9さつめ 恋人達の必勝法」講談社文庫

大好きなシリーズの9さつめ。(通算11巻目) 浜村渚の計算ノート 9さつめ 恋人たちの必勝法 (講談社文庫) 作者: 青柳碧人 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/04/16 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 浜村渚の計算ノート (講談社文庫) 作者: 青柳碧人 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/06/15 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 65回 この商品を含むブログ (54件) を見る 数学をはじめとする理系科目が排斥された中で、数学が得意な中学生の浜村渚が、警察に協力して数学テロ集団「黒い三角定規」に立ち向かうお話です。 以下ネタバレあり log.10 1を並べよ log.100 私と彼の不等式 log.1000 新宿恐竜大戦争 log10000 恋人達の赤と黒 エピローグ log.10 1を並べよ シリーズ中に洗脳系の話は幾つかありま…

夏目漱石「吾輩は猫である」角川文庫

開始日:8月25日 読了日:9月15日 途中までの感想 読み終わったの感想 この本を読んで良かったこと 以下ネタバレあり 途中までの感想 以前、別のブログで途中まで読んだ感想を書きました。 背景になっている事柄について知識がないせいなのか、よく分からない本だ、と言うようなことだったと思います。 まず出てくる言葉がいちいち分からない。注釈と本文を行ったり来たりするため筋が分からなくなる。注釈を読んでも、引用されている古典や、夏目漱石の周囲の人々のことが分からないのでピンとこない。台詞も、すぐに誰が話しているのか見失う。 書かれた時代のことをよく知っている人、古典や人物など共通の知識がある人で無いと読みにくいのかと思いました。しかし、本当にそうならば、古典的な小説として生き残らなかったのではないか?とも考えました。 単純に、私のポンコツ頭には馴染まない本だった、というのが正解なのかも知れません…

買うものの基準

以前の記事では、買わないものリストを紹介しましたが、私が今度は買うモノの基準を紹介します www.sakihaya.xyz 買うときは吟味してから 買うときの基準 ミニマリストでもモノは買う 買うときは吟味してから モノを減らしている最中でも、買い物はしています。ですが、しっかりと吟味して、無駄な買い物はしないようにしています。 無駄な買い物をしてしまうと、結局は使い切れなかったり持て余したりして捨ててしまうことになります。 捨てるようなモノは買わない。これを心がけています。 買うときの基準 以下に、買うときの基準をあげていきます。 値段に見合ったモノか 本当に必要なモノか 必要な機能は満たされているか 飽きずに使えるデザインか 代用品を持っていないか ストックはないか、過剰なストックにならないか 置きたい場所に収まるサイズか これを買ったら手放せるモノがあるか モノによっては、当てはまら…

机の上に何もないと、やりたいことにすぐ取りかかれる

最近ジグソーパズルを買いました。 ジグソーパズルもすぐできる 机の上をいつも片付けておくメリット ジグソーパズルもすぐできる ジグソーパズルは場所をとる遊びですが、机の上が片付いていたのですぐ始められました。 今までならば、まず片付けをしている場所を確保することから始めなければいけませんでした。 机の上をいつも片付けておくメリット 机の上をいつも片付けておくメリットは、物事にすぐ取りかかれることです。 「何かをするために、まず片付けをしてから」では、それだけで行動することが億劫になります。 そのため、物事をついつい先延ばしにしてしまいがちです。 やることが残ったまま気にかかるのはストレスにも繋がると思います。 物事を先延ばしにせず、気分よく過ごすため、机の上をいつも片付けておくことを心がけています。

持てる量を制限する

持ち物を少なく保つために、モノを入れる場所を小さく制限することにしました。 私は、使い切れなかったノートの未使用ページのみを切り取って保管する習慣があります。 そのノートやルーズリーフがたまりがちで、本棚や机のあちこちに放置していました。なので机の引き出しにケースを入れて収めました。メモ帳などもまとめました。 これがなくなるまで、ノート・メモ帳などは買いません。 他にも、常備薬やサプリも小さめのケースに収まる量に制限します。

マウンパを買いました

今日はマウンパを買いました。 昨日は急に肌寒さを感じ、ちょうどよいパーカーが欲しいと思っていたところ、お気に入りのショップがタイムセールをしていました。 そこで茶色のマウンパに一目惚れ。 30分くらい店内をうろうろしつつ考え、手持ちの服との組み合わせを思い浮かべ、買うことに決めました。 同時に白いカットソーなどを購入。 秋の着回しは、白いトップスに黒いパンツ、茶色のマウンパを中心にする予定です。